仕事の効率アップに!オフィスにグリーンを置いてみよう

働きやすいオフィスとは、どんなものでしょうか。机の配置やよく整理整頓された棚、よく光が入る窓、どうしても、オフィスとしての機能を思いつきがちですよね。オフィスの機能だけでなく、インテリアも働きやすいオフィスとして重要な役割を果たします。そこで今回は、インテリアの中でも観葉植物(グリーン)の、オフィスでの役割をご紹介します。

グリーンのあるミーティングルーム

グリーンを置くことによる良い影響

グリーンは、人の精神や体の状態によい効果があります。それでは、仕事をしているときにありがちな状態を例にご説明していきます。

〇パソコンの見過ぎで疲れた目を癒す

長くパソコンを見ていると目が疲れて、目の痛みやかすみ、乾燥を感じることがありますよね。また、休憩中にスマホを見ていたりすると、目を休める暇がなく、眼精疲労になってしまいます。眼精疲労はひどくなると頭痛や肩こり、腰痛などにも繋がり、それが気になってミスにつながることもあるので、作業効率が落ちてしまいます。

グリーンには、疲労回緩和や集中力のアップの効果があり、オフィスの目につく場所に置いておくと、その効果が期待できます。また、グリーンには調湿効果があるので、目の乾燥を防ぐのに効果的です。

〇仕事中に精神的な余裕をもたらす

仕事が忙しかったり、締め切りなどに追われていたりなど、精神的に余裕がなくなってしまうときがあります。そうなると、ミスが増えたり、職場内のコミュニケーションが滞ってしまったりなど、効率が落ちかねない事態になってしまいます。

グリーンには疲労回復だけでなく、リラックス効果も期待できます。リラックスできることによって気持ちの切り替えができ、前向きに仕事ができますよね。加えて、集中力を高めるにも効果的で、光合成によって酸素が供給されることも、集中力を高めることに大切です。

上記のように、グリーンはオフィスに置くのに最適です。それでは、オフィスのどこに置くのがよいのかをご紹介します。

グリーンを置くのにおすすめの位置

デスクワークをしていて、ふと目に入れられる位置に置くのであれば、小さいグリーンをデスクの上に置きましょう。少し目を動かしたり、ちょっと姿勢を変えて見える位置にあれば、気分転換にもなりますよね。デスクの上がグリーンで飾られていると、おしゃれに見えて心も躍ります。

会議室に置くのもおすすめです。会議を行っていると、白熱してしまったり、煮詰まってしまったり、スムーズに進まないこともありますよね。そんな時、どの位置でも目に入る場所にグリーンが置いてあると、目に入ったときに少しリラックスできます。熱くなった気持ちを静めて、リラックスをして議論を進められますよね。

オフィスにグリーンを置きたいけど、手入れが大変、どんなグリーンがいいのかわからない、と思っている方も多いと思います。そんな時は、水やりや防虫などの手入れを専門家に任せることができる、KIRIN PLUSのようなグリーンのレンタルサービスを利用することがオススメです。枯らしてしまうかもしれないと不安な方も安心です。さらに、どんな植物がいいか選べないという場合も、オフィスをおしゃれに見せる植物やレイアウトの提案もしてもらえます。

オフィスにグリーンを導入すると、おしゃれなオフィスを演出するだけでなく、働きやすいオフィスを作り出すことができます。グリーンをレンタルできるシステムを利用して、気持ちのいい、働きやすいオフィスづくりをしましょう。